ダイエットサプリメントは医薬品ではない?

ダイエットサプリメントは医療機関にて処方されている薬とは違い、民間企業で開発・製造されていることから医薬品として指定されている商品は少ないです。化粧品や美容系のサプリメント中には医師が開発段階で監修されていることがあり、最近では糖質や油分の吸収を抑える食品が開発・製造・販売されていますが、その場合は健康志向または成人病予防の商品として販売していることから、ダイエット食品とは違うカテゴリーになってしまいます。サプリメントよりも運動や食事制限で痩せることを推奨している医師が多く、よほど健康に影響が出ない限り薬を処方することがないので、サプリメントの開発には医師は関わりにくいというのが個人的な見解です。ただサプリメントの中には痩せるだけではなく、美容や健康維持など複数の効果が得られるとして開発されている商品もあり、現在注目されている酵素系のサプリメントは体内に酵素を取り込んで発酵させることから、ダイエット効果だけではなく免疫力や代謝を高めることもできますし、多くの栄養分が凝縮されていることから医薬品ではないですが、健康維持としても効果が得られます。民間医療的なサプリメントを慎重に選び取り入れることによって、ダイエットと美容と健康の3つの効果を体感することができますよ。

痩せるサプリ